メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
電話番号:048-946-2200

トップ > 病院事業管理者より(1):新型コロナウィルス感染の拡大に備え病院機能の維持に努めます

病院事業管理者より(1):新型コロナウィルス感染の拡大に備え病院機能の維持に努めます

 新型コロナウィルス感染の蔓延が危惧され,感染症対策の専門機関でない一部医療施設では,院内でのコロナ感染症の確認により診療の縮小や一時閉鎖などを余儀なくされています.病院の本質的な役割から言って,このようなパンデミックの状況下ではどの医療施設も常に院内感染発生のリスクに晒されます.そのため,でき得る限りの予防対策を行うと同時に万一の発生に備える必要があります.

 草加市立病院でも病院長を本部長としパンデミックへ強力で迅速な対応ができる統合組織としての対策本部を既に設置しました.病院職員の感染防御を確実に行うとともに偶発的な感染症の持ち込みに注意し,院内感染の発生防止に務めています.市立病院におけるすべての感染対策は,地域唯一の公的基幹病院としての本来業務を円滑かつ継続的に行えることを目的としています.面会制限や,コロナ感染リスクとは無関係であってもかぜ症状や発熱などの有る方には特別の対応をとらせていただいているのもその一環であり,何かとご不便をおかけしますがご理解とご協力をお願いします.

 また,昨日は市立病院のホームページに歯科口腔外科と耳鼻咽喉科の一部手術を延期するとの記事を掲載しました.関連する学会等の指導に基づき院内感染発生防止のため当面の対応措置としたものです.今後も感染防御専用器材の調達など当院の診療体制との兼ね合いや国および埼玉県,草加市の方針,そして感染拡大の状況等を見極め,救急医療を含め市立病院本来の医療サービス提供の維持に努めてまいります.

草加市病院事業管理者 河野辰幸