メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ
電話番号:048-946-2200

トップページ > 診療科・部門 > 薬剤部 > 薬剤部スタッフコメント

薬剤部スタッフコメント

薬剤部スタッフコメント

男性薬剤師(薬剤師2年目 東邦大卒)

現在はセントラル部門で主に入院・外来の調剤、注射薬の調剤をしています。草加市立病院薬剤部では1年目から多くの経験ができると思います。例えば、4月から当直練習を始め6月には1人で当直業務をするようになりました。最初は不安でしたが、早くから経験することで自信と責任感が身についてきていると思います。また、当直時間中も先輩薬剤師の方がホットラインで待機してくださり、それだけでも非常に心強かったことを思い出します。さらに、薬学部5年生実習生の指導にも関わらせてもらっています。学生指導を通して学ぶこともとても多く、共に成長させてもらっています。
当院の薬剤部は「皆がさらによくしていこう!」と常に問題点や改善策を考えています。1年目の私でも話し合いに参加でき発言できる環境であり、自分の意見が業務運用で採用された時などは大変嬉しく励みになります。先輩方は知識・経験共に豊富で、常に刺激を受けいつも支えてもらっています。また勉強会にも積極的に参加できる環境です。まだまだ勉強不足なので勉強会や先輩方から知識を吸収していきたいと思っています。この1年間は医療人・社会人としての心構えと責任の重さ、様々な問題点を考える重要性を勉強できました。薬剤師・社会人としてまだまだ未熟ですので日々切磋琢磨していきたいと思っています。

女性薬剤師(薬剤師3年目 明治薬科大学大学院修了)

現在はセントラル部門で主に入院・外来患者さんの調剤業務や個人注射セットなどに従事しています。また、実務実習のプリセプターとしても実習の進捗状況や学生の相談役としても関わっています。また、学会での発表や小児薬物療法認定薬剤師、妊婦授乳婦認定薬剤師の取得も視野に入れて取り組んでいます。薬の知識はもちろんですが、医療人としての責任や社会人としての心構えなどについても日々学んでいます。実際、現場で働き始めて、人の命にかかわる仕事だということを改めて認識し、その責任の重さを日々、感じています。今後は、サテライト部門の業務に携わることも考え、2年目からは医薬品管理業務や院内製剤(一般・無菌)などにも目を向けるようになりました。草加市立病院薬剤部は、「みんなで話し合って改善していこう!」という、常にアグレッシブな薬剤部です。またスタッフ同士が、時に厳しく、時に優しく、まるで愛情いっぱいの家族のような環境です。常に先輩方に刺激をもらい、支えてもらいながら日々過ごしています。これからも患者さんの薬物治療に貢献できるような薬剤師を目指して頑張っていきたいです。

副薬剤部長

薬剤部は、現在、18名の薬剤師と10名の薬剤SPDで業務を行っています。薬剤師スタッフは、20歳代と30歳代が中心で非常にモチベーションの高い職場となっています。特に病棟薬剤業務とチーム医療に力を入れており、薬剤部内だけでなく他部署との連携を深めることにより入院患者さんに対してより質の高い薬物治療を提供することを目標にしています。当院薬剤部は、常に新たな業務に積極的に取り組む環境であり、また薬学5年生実務実習を始めとする薬剤師育成にも貢献できるよう日々、スタッフ自身が自己研鑚してゆきたいとも考えております。
「患者の物語へ飛び込む、責任というステージへ」を薬剤部スローガンに、患者さんや他の医療スタッフから信頼され、また働き甲斐のある薬剤部であるよう、薬剤部内のチームワークを最重要視し、スタッフ一同、日々業務に取り組んでいます。